小高復興デザインセンターってどんなとこ?

 

小高駅を降りて、すぐ目の前です。駅からまっすぐ西に伸びる駅前通りの左側に、新しい小高復興デザインセンターはあります。双葉屋旅館さんの隣、以前、小高ワーカーズベースさんが使っていたところです。

小高復興デザインセンターは、住民の方々の意思や行政区との連携を根幹にして、未知の状況における実践と探究によって小高を復興していく、協働の拠点です。

2014年から、東京大学地域デザイン研究室の有志メンバーで小高を訪れてから、はや6年目になりました。

「協働の拠点をつくろう!」という最初のアイディアは、2014年から2015年にかけて、小高のみなさんと膝詰め談義をしていたときに、生まれました。

小高区地域協議会は、その声を南相馬市に届けました。それを受けて、2016年の避難指示解除から2018年度まで、南相馬市から東京大学が委託されて、小高復興デザインセンターを運営してきました。

2019年度からは、行政からの委託を離れて、ふたたび、小高のみなさんと東京大学有志チームをコアとして、豊かな実践に取り組みます。

ご関心のある方は、ぜひお声かけください!