#42

大学進学で上京して初めて一人暮らしをした町、千歳烏山の駅前の風景です。毎日のように駅を使い、駅前で買い物をする生活を送る中で、〈千歳烏山〉という名前が、単なる駅名であること以上に、そこで暮らしているという自分のアイデンティティになっているように思いました。私が生まれ育った地方郊外とは全く異なる都市のありさまを感じ、都市について考えるきっかけともなった風景です。

2017.6.2 D.Okano