#23

ギーーーーーーン、ゴゴゴゴゴゴ……
まるで災害など無縁であったかのように、当たり前のように、鳴り響く機械の音。
手作業で木型に砂を入れて成型し、高温で溶かした鉄を流し込み、余計な部分をふるい落とし、出来たものを人の手で磨き…坦々と仕事をこなす職人の方々。
季節を知らせる草木、湧水を使うための手づくりの貯水装置、丘の上にはご先祖様を祀る地域の墓…
ここにあるものすべてが必然としてそこにあって、従来人の手で使い古されてきたことを感じさせる。
「普通の会社にしないといけない」
凛として話す経営主の方。笑顔で語られる背景には、市外への移転や厳しい条件下でのやりくりを経た、経営者としての覚悟があった。
ここで出逢った人たちの積み重ねる日常が、地となっていってほしい、これからも。
(2015.4.17 小高区上浦のとある鋳造所にて)

2015.10.25. M.Lee