#2

地域における空間的、時間的連続性の尊さを強く認識した風景
2014.5.27. T.Hagiwara

激戦があり、焼け野原となり、多くの人間の命が絶たれた。その場所が、地域社会側の意向とは関係なく基地となった。地域社会は、否が応でもそのような場所と関係を持たざるを得なかった。70年間という長い時間にわたって、主体的関与が不可能で危険でもある巨大な人為空間が横たわっている。そんな地域が現実にある。(窪田)