#17

僕にとっては、初めて訪れた風景。
しかし、ここに暮らす人には、生活の一部であった風景。
4年前の事故は、生活を一変させ、風景と暮らしを引き剥がした。
目に映るものへの親しみ、慈しみは、
僕と案内してくださった方とでは全く異なっていただろう。

全身を覆い、倒木を越えながら、
僕を川の中ほどのこの地点まで案内し、
僕の体を支えながら、この風景を見せてくださった。
大切な風景を一緒に見たということの価値が、
あのときはわかっていなかった。

2015.5.15 A.Masumura