#1

地域デザインと復興デザインを重ね合わせる可能性を感じさせてくれた場所。

2014.5.1 A.Kubota